ライターってこんなに楽しい!

今、こうして文章を書いている事、これが私の趣味です。
ライターを始めた目的は最初はサイドビジネスでした。
本業に差支えがない様に、時間に縛られず好きな時に好きなだけ行えるサイドビジネスとして選んだのがライターでした。
その為に、ブラインドタッチを独学で練習しました。これで生活して行こうなどとは夢思っていないので、
それほど真剣に取り組まなかったせいでブラインドタッチ技術は大して上達しませんでしたが、必要最小限度は修得できました。
でもキーボードを見ないで10本の指を駆使してタイピングできるのはある種快感でした。
俺も結構できるじゃないかといった自己満足に浸る事ができて、今思うとこの頃から面白さを感じていたのかもしれません。

果たしてどれ位稼げるかはわかりませんでしたが、とにかく実際にライターとして投稿を始めてみました。
自分の知識や経験と、ネットや本からの情報を基に書けそうなものを選んでは、手当たり次第投稿をしていきました。
読書は好きだったので、句読点の使い方や単語の並びなどに注意して、
文意が紛らわしくならない様、またより明確に伝わる様に文章を構成する事に留意する工夫は自分なりにやってきたつもりです。
それは簡単ではないものの、その楽しさも同時に味わう事ができました。
単語や漢字の意味も一つ一つネットで確認します。すると思っていた意味や使い方が間違っているものも案外多い事も知らされました。

そして書き上げた文章を投稿し、それが承認されて幾らかの投稿料が支払われると、
その金額の多寡に拘らず大いに満足感が得られる事を知りました。面白くなった私は、どんどん色々な分野の記事を投稿しました。
時には発注者の意に沿わない記事を書いて非承認になり落ち込む事もありましたが、
概ね承認が得られて、その内には専属ライターとして契約を持ちかけて下さる発注者もあり、増々遣り甲斐を感じるようになりました。

そういう契約をすれば投稿料も高くなって小遣い稼ぎには十分になるのですが、
本業を阻害しない程度の時間しか取れない今の状態では、契約で履行しなければならない仕事量は不可能なので、
残念ながら基本的には契約はお断りしています。

それに契約をすると仕事を選択できなくなる事に抵抗感が感じ始めたのです。
それは、当初お金儲けとして始めたライター業が、私にとって趣味として位置付けられた事を意味しました。
稼ぐという事より楽しむ事の方が大切に感じてしまうのです。

老境に入りつつある私はやがて仕事のリタイヤという現実に直面します。またそれ以後さらに認知症の心配もそう先の事ではありません。
リタイヤ後の生活費の足しにという事も外せませんが、脳をと指先を使って文章を綴る楽しみを持つという事は、
老後の生活の張りや認知症予防という老齢期の私にとって切実な問題を解決してくれる(かもしれない?)趣味として非常に重要なものなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です