ボルダリングは男性も女性も気軽に楽しめるスポーツ

私のこれまでの趣味と言ったら、パチンコ・麻雀。
遊んでいるときは楽しいのですが、不健全極まりないですし、人に自慢できるような趣味ではないですよね。
そんな時出会ったのがボルダリングです。
運動音痴の私ですが、過去にはスノーボードにもはまったことがあります。転ぶと痛いし、怪我のリスクも大きく心配です。
何よりも冬しか出来ない・・・シーズンが終わって1年待てずに熱も冷めてしまうんです。
そんな私のお悩み解消スポーツがボルダリングでした。ボルダリングの壁は大体4m程度。壁の下にはフカフカのマットが敷いてあるため、仮に失敗しても安心して落ちる事が出来るのです。(そうは言っても怖いものは怖いので落ちないように必死です!)
室内スポーツなので季節に左右されることもありません。
それに体一つで始められるので初期費用はかかりません。専用の靴やチョークは必要ですが、ボーリング場のようにレンタルもしています。服装も動きやすければなんでもOKです。あえていうのならばホールドに足をぶつける恐れがあるので半ズボンより長ズボン。裾を踏まないようにサイズが大きいジャージも避けた方がいいかな?ぐらいです。
ボルダリングをしていると言うと自信がない、力がないと仰る方もいますがコツを掴めば少しの力でも登る事ができるんです。
確かに最初は腕や手の力を使って自分の体を持ち上げるところからスタートしますが、難易度が上がるとそれもできなくなってくるのです。
そこで次はどのように体を動かしたら次のホールドに届くのか、足の力で登るにはどのように力を入れたらスムーズかなど、頭を使うようになるのです。
そして、自然と頭と体を動かすようになるのです。
私の場合、根からの運動音痴なので中級で足止めを喰らっていますが、できなかった課題が出来た時の喜びと課題に向かって立ち向かっている時が楽しくて仕方ないのです。
ボルダリングはグループで通う方もいらっしゃるのですが、一人で来ている方もいらっしゃいます。
先にその課題をクリアされている方はアドバイスをくれたり、他の人が登っているを見て自然と「がんばれ!」と声をかけたりして、まったく知らない人ともコミュニケーションが取れるのです。
人見知りな私も知らない方にアドバイスを求めたことがあるぐらいです。
そして、出来なかった課題がクリアできたとき、みんなで一緒に「できた!」と喜びます。
ただ、壁の頂上から下を見上げるとやっぱり怖い!登っているときはそれすらも忘れるぐらい必死だったのかと思い知らされます。
ボルダリングは、手・足の使い方・体のひねり方、全身を使うスポーツです。
そのため、久しぶりにすると翌日の筋肉痛に悩まされるのですが、楽しかった証拠・体を動かした証拠だと思うと筋肉痛さえ嬉しくなるのです。
飽きっぽい私、運動が苦手で嫌いな私が夢中になれるスポーツがボルダリングだったのです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です